teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


HPリンクの件

 投稿者:工房寿晴  投稿日:2017年 3月15日(水)21時06分57秒
返信・引用
  始めまして
貴ホームページへリンクして頂いております 工房寿晴 です
いつもお世話になっておりありがとうございます
この度当ホームページのアドレスを変更致しましてページを開けない状態になっております。
つきましては、今現在リンクして頂いております 工房寿晴 のリンクを解除・削除しまして改めて 工房寿晴 で検索して頂きそこへリンクして頂くと元のようになるはずです、お手数をかけますがよろしくお願い致します

    ちなみに、HPアドレスは・・・・http://www.geocities.jp/kobojyusei/
       メールアドレスは・・・jyuseisub@yahoo.co.jp
  となります、工房寿晴で検索できますのでよろしく
 
 

やっとこ完成

 投稿者:楽堂  投稿日:2016年 4月11日(月)16時48分6秒
返信・引用 編集済
  やっとこさっとこ、3本が完成しました。何と、一年もかかってしまいました。
極上セミ鯨穂先カワハギ竿
イワシ鯨穂先カワハギ竿
細身軽量の黒鯛ヘチ竿、です。
作品集にもアップしましたので、どうぞ、御笑覧ください。ふぅーーー。  
 

胴塗り終了

 投稿者:楽堂  投稿日:2015年10月 6日(火)10時11分47秒
返信・引用
  仕事関係で忙しく、さぼり気味の作業も、やっとこ、胴塗りが終わり、さあガイドでも取り付けようかと言うとこまで来ました。
難題の変わり塗りも、まあいいかなという感じになりました。
完成はいつになるやら???
 

ホームページ引越しました

 投稿者:楽堂  投稿日:2015年 6月 8日(月)16時39分26秒
返信・引用 編集済
  ホームページを一から作り直し、サーバーにアップしたのですが、以前の残骸が残っており、それが削除できず、新ページに悪影響になるのでやむなく一旦、すべて削除し新規登録しました。そのような訳で、サイトのURLが変更になってしまいました。
新URLは、http://home.catv-yokohama.ne.jp/77/sao-kazu です。
旧URLは、http://home.catv-yokohama.ne.jp/88/sao-kazu です。
サブドメインの88が77に変わっただけです。
「自作和竿 楽堂」で検索可能になるのは、検索ロボットがクロールした後になるので、いつになるか不明です。どうぞ、よろしくお願いいたします。

http://home.catv-yokohama.ne.jp/77/sao-kazu

 

ホームページ作り直し

 投稿者:楽堂  投稿日:2015年 6月 6日(土)19時32分48秒
返信・引用
  ホームページを一から作り直しました。
私の意に反して宜しくない事が発生しそうです。ソフトの不備か、私のミステイクか???
そのうちに解消すると思いますので、よろしくお願いいたします。
 

刷毛塗り六回終了の図

 投稿者:楽堂  投稿日:2015年 6月 2日(火)17時14分9秒
返信・引用 編集済
  梨地の刷毛塗りを6回やった状態です。
今一歩の感じなので、もうちょっと続けます。
完了後、口巻きの部分の変わり塗りに掛かるのですが、どうするか
考え中です。
そのまま、すんなり渋く、蝋色で仕上げてもなんら問題も無いのですが、ここは、一発何か仕掛けたいと思うのです。
 

刷毛塗り一回目

 投稿者:楽堂  投稿日:2015年 5月19日(火)16時55分2秒
返信・引用
  つまらない絵ですが、梨地の刷毛塗りを1回やった状態です。
最低、四回はやらないと良い感じのあめ色になりません。
シコシコ作業を進めます。
 

胴塗り一回目

 投稿者:楽堂  投稿日:2015年 5月14日(木)19時54分32秒
返信・引用
  口塗りを終了し、胴へ瀬〆漆をかけた状態です。
何やら汚いだけの絵ですが、竹が真っ黒になっているのは、漆が良く反応している証拠です。
もう一回、擦り漆をやった後、梨地の刷毛塗りにかかります。
本物のプロの方は手拭きでやるのでしょうが、私は技量もありませんので今のところ、刷毛塗りです。
過去に手拭きに挑戦したのですが、難しかったです。塗りむらだらけです。
漆は、乾燥しないと塗り斑が確認できないのです。
素手で確実に漆を薄く行き渡らせるのです。私にはハードルが高いかも。。。
 

川崎区の新婚の方へ

 投稿者:楽堂  投稿日:2015年 4月27日(月)09時35分6秒
返信・引用
  私のページより頂いたメールへ返信したのですが、返信できません。
docomoのiPhoneの設定が原因なのでしょうか???
 

その後2

 投稿者:楽堂  投稿日:2015年 4月24日(金)17時10分35秒
返信・引用 編集済
  その後、コツコツと作業し、3本の継ぎ加工まで終了しました。
クジラ穂の継ぎは一苦労なんですが、どうにかクリアーしました。
難しい理由として、クジラ穂は竹より太くする必要があるからなのです。
太くしておかないと、竹に負けて調子がおかしくなってしまいます。
綺麗な曲がり方にはなりません、俗に言うへの字の調子です。
太い物を細い竹に入れるわけで、先端の竹は内部を紙のように薄く削る必要があります。
かと言って、クジラを細く削るのはダメです、強度が落ちます。
ギリギリの線で繋ぐのに神経を使います。
逆にグラス穂は、グラス側を細くしないと竹に勝ってしまうので、継ぎ加工は楽です。
これから先、口巻きの漆塗りと研ぎの作業を続けます。

写真上から セミ鯨穂先カワハギ竿  布袋竹14節 203cm 元径9mm、長さ45cm、極上セミ鯨穂
      イワシ鯨穂先カワハギ竿 布袋竹12節 199cm
      グラス穂先黒鯛ヘチ竿  布袋竹14節 225cm
 

レンタル掲示板
/14