teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 返信ありがとう(0)
  2. 返信ありがとう(0)
  3. 返信ありがとう(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:8/295 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

傾向と対策

 投稿者:らふ  投稿日:2011年 6月10日(金)10時49分10秒
  通報 編集済
  ☆よ~く原因は判った。とかさんの事例は、恐らくは燃料が入ってれば症状は劇的に
 出難くなるはずです。
 んじゃあ!下記カキコを読んだ上でその次!
 「判っちゃいるけど減らせて走りたい」って人の話。

 確かにガソリン残量は、ただのお荷物。質量が水と同じでは無いので一概には言えません
 が、30Lを30kgと考えると・・・ワザワザ、リアシート外してまで地道な軽量化を
 やってるのが虚しくなっちゃうw幾ら、フロアー下で重心に近いとは言え、積まない方が
 軽量化になるのは間違いない。(容器内で移動する液体ってのもホントは良くないw)

 パーコレーションによるストールは、言わば燃料カットと同じだから、回転数が高いと
 (点火もカットするレブと違って)エンジンにも良くない。

 実はツイン鈴鹿でも、裏ストレートのシケインに左後足を縁石に引っ掛けると同じ症状が
 次の左コーナー手前で出ます。
 定常旋回後も出ますが、シャシーが軋むように跳ねても同じような事象が出るって事。

 では、どーやってパーコレーションが起こるかと言うと・・・実は定常旋回後も跳ね時も
 同じで「ガソリンが片側に偏ってる時に空気を吸う」よりも遥かに、「揺り返した時に
 液体移動でポンプ付近にフラットスポットが出来て、一瞬だけ空気を吸う」って方が
 多い。つまり、揺り返しです。

 タンクローリーや農薬タンクを積んだ軽トラを運転した事がある人は判ると思いますが、
 液体ってのは、慣性から横Gを受けると、ワンテンポ遅れて揺り返します。
 だから、大量に液体を運ぶ運転は、カナリの独特な技術が要りますし、横転しやすい。

 つまり、車体側のロールが収まったり、揺り返しがおわってから、再度「ドンブラコ」と
 液体が横Gの慣性を保ってるので、液体は必ず、揺り返しが起こる。

 この時に車体(ガソリンタンク)の横Gが終了してると、壁面にバシャーン!っとかタプ~ンと
 当たって(片寄りより遥かに大きい)フラット・スポットが出来て、空気を吸っちゃう。

 本来は、ガソリン・スポンジを入れるとか(出せなくなるのでリスクはありますよ?)
 仕切りを設けるのも一つですが、この液体の動きを意識して液面のロールの消し方を意識する
 だけでも、症状が浅かったり出なくしたり出来る場合も多いです。

 オイルパンもそうなんだけど、エンジン幅が決まってる、車体の配置スペースが決まって
 るって状態から、容量を稼ごうとすると、どうしても縦長を伸ばす設計になる。

 縦長を伸ばすと、それだけ内部液体の横方向の移動量が減る変わりに、液面変化量が
 増える。つまり、片寄って揺り返して「バシャーン」となった時に、より深くフラット・
 スポットが出来てしまう。オイルもガソリンも減らすと、それだけ容量の上の空間が増える
 つまり、液面変化できるだけの縦方向の空間を余計に空けてしまう事になります。

 逆に、それを意識して対策をすると良い結果が出ます。

 んま、タンク触るのは、ナカナカの高額な本腰仕様になっちゃうので、先ずは健全な
 燃圧を確保した上で「横Gの消した後始末」を意識して運転すれば、エアを吸ってる
 のは、ほんの一瞬なんです。

 旋回Gのみで片寄っちゃって空気を吸う場合は、物理的に避けようがありませんが、
 本当にそうであれば、ストールの時間がもっと長くなる筈です。(最大Gを与えた区間
 丸ごと分、エアを吸ってる筈)それだと、確実に物理的な対策が必要ですがw

 瞬間のストール症状ならば、横Gの収め方で、カナリ改善できます。
 ソコを意識すれば、必ずしも「タンクをイジんなきゃ改善は不可能」とは言い切れません

 根本的な原因はガソリン残量不足が原因なんですが、要らぬ揺り返し(車体じゃ無くて拓海の
 紙コップよろしく、液面の揺り返し)を色々と試して減らすのも、実はタイヤにもやさしく、
 結果的にパーコレーションを無くせば、ストールのロスは無くなる訳ですから、特定のコーナーを
 浅いアングルにするとか、最大G~揺り返しの位置、ロールの収める位置を浅くする(出口まで
 先に延ばす=クリッピングを奥に取る)事で、結果的にタイムUPにも効果的だったりしますよ♪
 
 
》記事一覧表示

新着順:8/295 《前のページ | 次のページ》
/295