投稿数上限に達したので書き込みできません

  • [107]
  • Re: 厳島の合戦と野嶋氏

  • 投稿者:matthew
  • 投稿日:2011年 5月 2日(月)11時39分50秒
 
ご無沙汰しております。岩崎山法栄寺さま、はじめまして。2009年5月の投稿を拝見しましたが、
通信殿の御子孫とのことですね。イラストが大変お上手で絵心のない私には大変羨ましいです。
寺紋を拝見すると河野家のものとは少し違っておりますね、90度中身を回転したような。
以前書きましたように私の祖母の野嶋家譜は、通信殿の4代あとの通忠の庶流、野嶋掃部丞忠時
という書き出しです。

過日子規記念館より求めました呑舟師お勧めの「観念寺文書」より先に一緒に購入しました景浦勉先生の「河野氏の研究」を読んでおりました。出自は別にして、越智郡の越智氏一族が衰退して河野郡の河野氏へ覇権が移ったが同族意識は強かったようだ、と読み取りましたが如何なものでしょうか。
少しずつ勉強しております、汗。流石に景浦先生の大書ですね。

同書124頁に湯築古城の図がありますが、今城師の仰るように石垣など無い、2層の土盛の
ようですね。まわりの黒い部分は堀でしょうか、それとも土盛の坂でしょうか。石垣を高く
積んだ近世の城とは随分違うものだと実感しました。

>>105
> 偶々、柱島の中富家の記録を見ていますと、この家は予州野嶋家の家臣であったそうで、
> 野嶋家は船上手とありますから、村上水軍の一派ですね。
> 厳島の合戦に参加してその恩賞として柱島を貰ったので、家臣の中富が渡ってきて管理していたようです。
> 中富氏が野嶋に召抱えられた時の俸禄が百石とありますから、野嶋家は1000~1500石近い俸禄を受けて
> いたようです。たぶんこの石高では伊予河野家からではなく毛利家から受けていたように思われます。
> 厳島の合戦での恩賞は直接、毛利から野嶋家が貰った可能性があります。
> この合戦の恩賞で、屋代島の分は来島村上が頂戴するのですが、その中に含まれている柱島領地か別枠か
> 分りませんが、能島村上はこの時、江田島や鞆の浦を頂戴したと思われますので、野嶋氏は来島党と思われます。
> となるとやはり以前紹介した河野の末裔となりますね。

そうでしたか!いつもながらに呑舟師のご指摘に感謝です。厳島の戦いの記録を見ておりますと
因島村上は参加せずに、来島村上と能島村上が毛利軍を海上から支えたようですね。野嶋家譜
記載の2代目(年数からすると数代以上開いておりますが)野嶋通豊が三津浦の戦に参戦したのも
毛利家の家禄を戴いていたとすると自然ですね。

> 東に江戸初期に向かったのは、松前の戦いでも敗れ居場所が、伊予にも周防にも無くなったからかと思えます。

通豊の息子忠由、が頼っていった八王子の親族石川氏は江戸氏の重臣であったようですね、河野通忠の室、江戸太郎の娘の縁を頼っていったのではと考えております。


スレッド一覧

  1. お知らせ(11)(管理人 今城)
  2. 平岡氏の家系(37)(KenKen)
  3. 道後 義安寺(10)(呑舟)
  4. 伊予黒川家と正岡家(81)(呑舟)
  5. 芸州 河野家末裔たち(54)(呑舟)
  6. 丸に九枚笹(4)(つくね)
  7. 言葉の歴史(ことのはのときのながれ)(2)(呑舟)
  8. 河野系図異同は通信以降に始まった?(15)(呑舟)
  9. 予州 大野家について(133)(呑舟)
  10. 水軍フェリー、風前の灯火(5)(maru阿弥)
  11. 海賊のお話(29)(呑舟)
  12. 越智家・河野家家紋を考える(29)(呑舟)
  13. 越智河野氏の出自や如何に?(134)(管理者)
  14. 河野水軍と仏教(20)(岩崎山法栄寺)
  15. 湯月城リサイクル作戦(25)(呑舟)
  16. 再び「笹ケ峠の合戦」へ(40)(管理人)
  17. 牛福通直と平岡氏(51)(呑舟)
  18. 今城伊豆守通興の子孫たち(17)(伊豆守直系子孫)
  19. 戒名は難しい・・・・(6)(呑舟)
  20. 河野家文書を見る(5)(呑舟)
スレッド一覧(全43)  他のスレッドを探す  スレッド作成 掲示板に戻る

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成