投稿数上限に達したので書き込みできません

  • [98]
  • Re: 仮屋口討死の能嶋(野島)の墓はどこ?

  • 投稿者:matthew
  • 投稿日:2011年 2月 1日(火)15時41分43秒
 
>>97
> 野島民部と野島内匠は別人かもしれません。

お手数をおかけします。徳川幕府のピラミッド型構造を当たり前と思っておりましたが、
戦国時代には河野伊豫守の配下に村上氏が居ても、能島、因島、来嶋村上はそれぞれ必ずしも
支配・被支配構造ではなかった、能島村上に於いても村上掃部頭がアタマ一つ抜け出て
いたけれども、瀬戸内の島々の城主は比較的独立を保っていた、と考えるのは妥当でしょうか?
そうすると、野嶋を名乗る人々が複数居た(当時は村上だったかもしれませんが)としても
不思議はないですね。

初代野嶋掃部「丞」忠時、次代野嶋民部「丞」通豊ともに「頭」ではないので、村上掃部頭は「官位」
のようですが、「丞」は官位ではないのでしょうか?3代目はだたの民部で「丞」でも「頭」でもありません。
どうやってミドルネーム?がついたのか判りません、初歩的な疑問でスミマセン。

以前「ゆづき」の掲示板で河野ー江戸氏は既に議論されていたようですが、3代目民部忠由は
父通豊が真崎で戦死し、八王子の石川、萩原氏の親戚を頼っていった、とありますが、江戸氏の
女(達)は河野通有の室になったと共に長男通忠にも嫁いでいるので、河野氏と江戸氏は壇ノ浦の
戦い以来非常に親しい間柄にあったようですね。
そこで、3代目忠由は江戸氏の有力家臣石川氏一族、同じく家臣に戸倉の萩原五兵衛の名が見られますので
河野ー江戸氏の縁で親族石川・萩原氏を頼ったのではないでしょうか。以前呑舟師は通忠の没年に
疑問がある、とのことでしたが1300年前後として真崎の戦いの1600年までは300年ほどありますから、
通忠の庶流なりと書いてありますが、一代50年として5,6代後の野嶋通豊は河野家から遠く離れていった
ということはなかった、と考えるのは如何なものでしょうか。


スレッド一覧

  1. お知らせ(11)(管理人 今城)
  2. 平岡氏の家系(37)(KenKen)
  3. 道後 義安寺(10)(呑舟)
  4. 伊予黒川家と正岡家(81)(呑舟)
  5. 芸州 河野家末裔たち(54)(呑舟)
  6. 丸に九枚笹(4)(つくね)
  7. 言葉の歴史(ことのはのときのながれ)(2)(呑舟)
  8. 河野系図異同は通信以降に始まった?(15)(呑舟)
  9. 予州 大野家について(133)(呑舟)
  10. 水軍フェリー、風前の灯火(5)(maru阿弥)
  11. 海賊のお話(29)(呑舟)
  12. 越智家・河野家家紋を考える(29)(呑舟)
  13. 越智河野氏の出自や如何に?(134)(管理者)
  14. 河野水軍と仏教(20)(岩崎山法栄寺)
  15. 湯月城リサイクル作戦(25)(呑舟)
  16. 再び「笹ケ峠の合戦」へ(40)(管理人)
  17. 牛福通直と平岡氏(51)(呑舟)
  18. 今城伊豆守通興の子孫たち(17)(伊豆守直系子孫)
  19. 戒名は難しい・・・・(6)(呑舟)
  20. 河野家文書を見る(5)(呑舟)
スレッド一覧(全43)  他のスレッドを探す  スレッド作成 掲示板に戻る

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成