• [0]
  • 湯月城リサイクル作戦

  • 投稿者:呑舟
  • 投稿日:2010年 7月15日(木)04時30分28秒
 
河野通直亡きあと、湯月城は、現松山城の築城のため、城や石垣が解体され松山城の一部
とされたと聞いていますが、現松山城でそれがどの部分なのか分かっているところはあるのでしょうか?

投稿数上限に達したので書き込みできません

  • [25]
  • Re: 松山城は湯築城と松前城のリサイクル

  • 投稿者:呑舟
  • 投稿日:2012年 3月14日(水)12時29分15秒
 
伊豫の城郭研究者の宮尾克彦氏は先月、「松山城石垣は湯築城のリサイクルでは?」の質問に
伊豫史談会初代会長の意見を否定し、「あれは嘘です。最近の研究では、松山城の石垣は道後の裏山から
切り出され、且つ石手からも持ち出されたのを当時の住民が、湯築城の石を持ち出していると思ったから
です」と発言しました。

道後や石手に松山城築城の「石切場」があったのでしょうか?
又、当時の住民は、「石切場」から運び出すのと、湯築城から運びだすのとの区別がつかないレベルの
人たちばかりなのでしょうか?

松山市教育委員会は「石切場」は海の近くの場所を含む数箇所を教えてくれました。

もちろん湯築城が石を多用している形態の城とはハナから思ってはいませんが・・・・。
古記録を無視するのもいかがかと。

  • [24]
  • 松山城

  • 投稿者:黒川
  • 投稿日:2012年 1月 9日(月)17時44分20秒
 
松山城の今の天守のある場所は築城当初は違う場所だったのでしょうか?
以前、愛媛新聞に掲載されましたが、結論がわかりません。
蒲生家から出た古地図と県歴博所蔵の古地図では、現天守の場所は
池(水)となっていて、天守ではなさそうです。築城当初は天守は別
場所にあったか(二の丸)辺りそれとも現場所の近くもしくは現場所
の池の上?色々考えます。新聞記事は割愛しますが、
(愛媛新聞2009年10月25日版参照)
五層から三層になったと云う話なども絡めて、この結果が解明されれば良いと思います。
池(井戸)に付いては二の丸にも大きな物があり他の城(あまり知りませんが)にはこのような大掛かりな井戸は無いのではとも思います。


レンタル掲示板

スレッド一覧

  1. お知らせ(11)(管理人 今城)
  2. 平岡氏の家系(37)(KenKen)
  3. 道後 義安寺(10)(呑舟)
  4. 伊予黒川家と正岡家(81)(呑舟)
  5. 芸州 河野家末裔たち(54)(呑舟)
  6. 丸に九枚笹(4)(つくね)
  7. 言葉の歴史(ことのはのときのながれ)(2)(呑舟)
  8. 河野系図異同は通信以降に始まった?(15)(呑舟)
  9. 予州 大野家について(133)(呑舟)
  10. 水軍フェリー、風前の灯火(5)(maru阿弥)
  11. 海賊のお話(29)(呑舟)
  12. 越智家・河野家家紋を考える(29)(呑舟)
  13. 越智河野氏の出自や如何に?(134)(管理者)
  14. 河野水軍と仏教(20)(岩崎山法栄寺)
  15. 湯月城リサイクル作戦(25)(呑舟)
  16. 再び「笹ケ峠の合戦」へ(40)(管理人)
  17. 牛福通直と平岡氏(51)(呑舟)
  18. 今城伊豆守通興の子孫たち(17)(伊豆守直系子孫)
  19. 戒名は難しい・・・・(6)(呑舟)
  20. 河野家文書を見る(5)(呑舟)
スレッド一覧(全43)  他のスレッドを探す  スレッド作成 掲示板に戻る

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成