• [0]
  • 牛福通直と平岡氏

  • 投稿者:呑舟
  • 投稿日:2011年 1月 8日(土)14時45分13秒
 
河野家最後の当主牛福通直は惣領にならなければ静かに余生を送れたのかも知れない。

未だに出自が確定しない、河野惣領である。
今は毛利系の出自説が西尾氏より出されている。
論拠に合点が行く所は多いが、キーマンは平岡一族でしょう。
特に平岡房実の研究が欠かせないが史料が見付からない。
このサイトのかって平岡氏の本家と分家からアクセスがあったが、その時とてあまり史料がない模様
であった。

系図を時間の流れで見てゆくくせがあるが、時より周囲の人物の相関関係を整理することも
ヒントとなる。特に、戦国時代は婚姻関係と烏帽子親とヘンキと官途叙任は流れを見やすくする。

さてこちらもボチボチ参りましょうか・・・・。

平岡情報をお持ちの方宜しく。

投稿数上限に達したので書き込みできません

  • [1]
  • 平岡房実

  • 投稿者:呑舟
  • 投稿日:2011年 1月10日(月)06時08分10秒
 
そもそも平岡房実と云う人物がよく分からない。
彼の父母が誰で、出自が如何なるものかも分からない。
河野家末期に急に頭角を表し牛福通直を推したてて行く。
毛利家と河野家の調整は殆ど房実親子が独占しているようである。

歴史的には荏原地域を領収し荏原城主とされている。
荏原城は1335年の存在が確認できるから、その頃までは遡れる。
この時にはすでに平岡氏が領有していたとの説もあるが、
この時には未だ、美濃土岐一族のものであったと思われる。
土岐直氏の領下と思われる。
今の荏原城も方形の居館風である。
当時の本国の城も多分同様な形式であったのであろう。
後に1480年前後から「平岡競望」が起こり、細川、土岐、大平等が
平岡侵入を阻止せんと動く。この時、別氏の河野通直も動く。
結果的に土岐の支配は無くなり、平岡が侵入してくる。
この時から平岡の根拠地になったと思われる。
時期が確定しないが1500年前後のことであろう。

このあたりの新情報はないものであろうか?



レンタル掲示板

スレッド一覧

  1. お知らせ(11)(管理人 今城)
  2. 平岡氏の家系(37)(KenKen)
  3. 道後 義安寺(10)(呑舟)
  4. 伊予黒川家と正岡家(81)(呑舟)
  5. 芸州 河野家末裔たち(54)(呑舟)
  6. 丸に九枚笹(4)(つくね)
  7. 言葉の歴史(ことのはのときのながれ)(2)(呑舟)
  8. 河野系図異同は通信以降に始まった?(15)(呑舟)
  9. 予州 大野家について(133)(呑舟)
  10. 水軍フェリー、風前の灯火(5)(maru阿弥)
  11. 海賊のお話(29)(呑舟)
  12. 越智家・河野家家紋を考える(29)(呑舟)
  13. 越智河野氏の出自や如何に?(134)(管理者)
  14. 河野水軍と仏教(20)(岩崎山法栄寺)
  15. 湯月城リサイクル作戦(25)(呑舟)
  16. 再び「笹ケ峠の合戦」へ(40)(管理人)
  17. 牛福通直と平岡氏(51)(呑舟)
  18. 今城伊豆守通興の子孫たち(17)(伊豆守直系子孫)
  19. 戒名は難しい・・・・(6)(呑舟)
  20. 河野家文書を見る(5)(呑舟)
スレッド一覧(全43)  他のスレッドを探す  スレッド作成 掲示板に戻る

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成