投稿数上限に達したので書き込みできません

  • [27]
  • Re: 牛福通直は河埜を名乗る

  • 投稿者:呑舟
  • 投稿日:2011年 5月16日(月)21時46分51秒
 
> > ●この牛福の元服が天正年間がとされる一次史料はなにか教えて頂けませんか?
> 山内譲氏の論文「河野通直(牛福丸)の時代 上」に書かれています。
> 確認される一次史料は、永禄13年まで「牛福」で天正年間から「通直」を名乗っているためだったと思います。
> 『ソーシアルリサーチ』という雑誌に掲載されています。
>
> >  逆算すると天正4年元服が正しく、
> なぜ天正4年なのでしょうか?

●と云うことは山内譲さんは「予陽河野家譜」が語る、
 「永禄十一年二月牛福丸湯築城で元服し伊予守通直と改める」とされる記述は
 嘘と認識されたと言うことですね?

逆算は単純に電卓を弾いただけです。
牛福通直逝去がほぼどの文書も天正15年(1587)7月にとし、享年24歳とします。
となると生年は1563年(永禄6年)となります。それに詳しい誕生日は分りませんので13~14年の
元服年齢を足すと早ければ天正4年となり遅くても天正5年となるからです。

一部の河野系図は34歳で逝去と記すものもありますが、是は誤記と思われます。

今の中学1年生ぐらいが宗家の総大将になったようですから家臣への押さえは利かなかったことは
容易に想像できます。色んな当時の文書は「通直(牛福)幼稚ゆえ・・・」と傍証しています。

河野家を傀儡政権にするための毛利家にとっては「してやったり!」かも知れませんね。


スレッド一覧

  1. お知らせ(11)(管理人 今城)
  2. 平岡氏の家系(37)(KenKen)
  3. 道後 義安寺(10)(呑舟)
  4. 伊予黒川家と正岡家(81)(呑舟)
  5. 芸州 河野家末裔たち(54)(呑舟)
  6. 丸に九枚笹(4)(つくね)
  7. 言葉の歴史(ことのはのときのながれ)(2)(呑舟)
  8. 河野系図異同は通信以降に始まった?(15)(呑舟)
  9. 予州 大野家について(133)(呑舟)
  10. 水軍フェリー、風前の灯火(5)(maru阿弥)
  11. 海賊のお話(29)(呑舟)
  12. 越智家・河野家家紋を考える(29)(呑舟)
  13. 越智河野氏の出自や如何に?(134)(管理者)
  14. 河野水軍と仏教(20)(岩崎山法栄寺)
  15. 湯月城リサイクル作戦(25)(呑舟)
  16. 再び「笹ケ峠の合戦」へ(40)(管理人)
  17. 牛福通直と平岡氏(51)(呑舟)
  18. 今城伊豆守通興の子孫たち(17)(伊豆守直系子孫)
  19. 戒名は難しい・・・・(6)(呑舟)
  20. 河野家文書を見る(5)(呑舟)
スレッド一覧(全43)  他のスレッドを探す  スレッド作成 掲示板に戻る

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成