投稿数上限に達したので書き込みできません

  • [34]
  • Re: 牛福通直は河埜を名乗る

  • 投稿者:けんい
  • 投稿日:2011年 5月19日(木)20時13分39秒
 
> ●いいえ合戦の褒賞とされています。来島は後に屋代島に年貢米を早く送れと督促状を出しています。
では安堵ではなく宛行ですね。
厳島直後から伊予へのちょっかいが始まるとするお話と矛盾してきます。

> ●意味があるかどうかは毛利家に聞いてもらわないと分りませんが、「毛利関係文書」等はその
> ように動いたと思われます。意味無く河野家と縁組はしないと思いますが?
隣国の大名であり海賊に影響力のある河野氏と敵対しないためで十分でしょう。
ちなみに『毛利元就卿伝』や『毛利輝元卿伝』など一次史料を中心にした書籍からは、毛利氏が伊予を支配しようとしていた様子は見えませんが。『陰徳太平記』あたりの記述でもそんなようには書いていなかったと記憶しています。
論理的にはもちろん史料的に考えても、毛利氏が河野氏を傀儡にして間接的に支配しようとしたとの見解は合点がいきません。

> ●来島村上を嗣とすることに反対した内訌のことです。
「来島騒動」は来島通康が重臣として活躍する前の出来事ではないでしょうか。
最近は「天文伊予の乱」として、通直・晴通親子の政治的対立が重視されていますが。

>  厳島合戦の交渉も協力の褒賞として何を呉れるかに時間が掛ったようです。
山内譲氏は諸史料を検討した結果、武吉の参戦は不明としています。
また最近では岸田裕之氏が能島は陶方だった可能性を示す史料を紹介したようです。

>  このような見解を採るのは民族学者宮本常一先生です。
宮本氏の功績は大きいものがありますが、ここ最近の研究も参照されてはいかがでしょうか?

>  前後の文節からすると、この時は通直はまだ18歳と思われます。
>  マザコンか否かは私は精神医ではないので断定はできませんが当主に決定権が無かったからの憶測で す。
通直に決定権がなかったとする根拠は何でしょうか?一次史料で見るかぎりそんな様子はうかがえません。通直母の権限が大きかったようではありますが。毛利氏との姻戚関係が背景ではないでしょうか?

> ●川岡先生、なかなか面白い解釈ですね。初めて聞きました。
詳しくは愛媛新聞社の『伊予河野氏と中世瀬戸内世界』を参照ください。

> ●河野家家老は「河野家分限録」です。筆頭と書いてあったのは又別の文書だったと記憶します。
確かに「河野分限録」には御家老衆の筆頭に上がってますね。ありがとうございます。
とはいえ、大野直昌が河野氏家老であったとは思えませんが・・・。


スレッド一覧

  1. お知らせ(11)(管理人 今城)
  2. 平岡氏の家系(37)(KenKen)
  3. 道後 義安寺(10)(呑舟)
  4. 伊予黒川家と正岡家(81)(呑舟)
  5. 芸州 河野家末裔たち(54)(呑舟)
  6. 丸に九枚笹(4)(つくね)
  7. 言葉の歴史(ことのはのときのながれ)(2)(呑舟)
  8. 河野系図異同は通信以降に始まった?(15)(呑舟)
  9. 予州 大野家について(133)(呑舟)
  10. 水軍フェリー、風前の灯火(5)(maru阿弥)
  11. 海賊のお話(29)(呑舟)
  12. 越智家・河野家家紋を考える(29)(呑舟)
  13. 越智河野氏の出自や如何に?(134)(管理者)
  14. 河野水軍と仏教(20)(岩崎山法栄寺)
  15. 湯月城リサイクル作戦(25)(呑舟)
  16. 再び「笹ケ峠の合戦」へ(40)(管理人)
  17. 牛福通直と平岡氏(51)(呑舟)
  18. 今城伊豆守通興の子孫たち(17)(伊豆守直系子孫)
  19. 戒名は難しい・・・・(6)(呑舟)
  20. 河野家文書を見る(5)(呑舟)
スレッド一覧(全43)  他のスレッドを探す  スレッド作成 掲示板に戻る

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成