投稿数上限に達したので書き込みできません

  • [120]
  • Re: 現・石手寺梵鐘(重文)【大野直森(友直)供養鐘の変遷を追う

  • 投稿者:黒川
  • 投稿日:2012年 4月14日(土)19時46分15秒
 
●建長3年(1251年)頃は、黒川系図で云う、黒川初代(黒川信綱)の頃とおもわれますが、
 この信綱は愛媛においては、作り話の世界にて何とも言えませんが、どの黒川家も信綱を始祖と
 し、その後、日吉郷の青木氏を養子に迎えて2代目の黒川信兼と継いで行きます。
 この頃は、まだ黒川家は千足の山の中で息を殺して生きていた頃と思われ、西山の鐘を
 造るに当たり、そのような実力は無いと考えます。
 では、誰かと?なりますが、時代が合致するかどうか判りませんが、得能氏辺りかとも
 思います。が判りません。
 この頃の山城の調査をしている方がサイトを開設されて居ます。私は隠れファンですこのサイト
 の!最近は改定されて居ませんが、黒川の居城(旦ノ城)(剣山)(山城)などを掲載してくれています。 特に旦ノ城は何も無いですが、興味深いです。是非見てください。URL付けておきます。

http://blogs.yahoo.co.jp/derfuhrer333/folder/1040044.html


建長3年の黒川家の当主はどなたか、黒川さんわかりませんか?
> この鐘の鋳造主が黒川家であれば「石手寺」の鐘の本来の所有者は黒川家となります。
> 尚、現在の興隆寺の鐘は弘安9年(1286)年に再調達されていますから、
> この直前後に大野家は譲り受けて菅生山大宝寺に寄進したとしてもおかしくありません。
>
> となると「上川村大野系図」の『天文17年寄進』が異同をおこします。
>
> 黒川文書になにか記述はありませんか?天文17年ですと黒川通俊の次の代と思われますし・・・。
>
> この鐘のことは「大坂府立博物館」の研究リストにありました。
>
>
>
>
>
>
>
>
>
>
>


スレッド一覧

  1. お知らせ(11)(管理人 今城)
  2. 平岡氏の家系(37)(KenKen)
  3. 道後 義安寺(10)(呑舟)
  4. 伊予黒川家と正岡家(81)(呑舟)
  5. 芸州 河野家末裔たち(54)(呑舟)
  6. 丸に九枚笹(4)(つくね)
  7. 言葉の歴史(ことのはのときのながれ)(2)(呑舟)
  8. 河野系図異同は通信以降に始まった?(15)(呑舟)
  9. 予州 大野家について(133)(呑舟)
  10. 水軍フェリー、風前の灯火(5)(maru阿弥)
  11. 海賊のお話(29)(呑舟)
  12. 越智家・河野家家紋を考える(29)(呑舟)
  13. 越智河野氏の出自や如何に?(134)(管理者)
  14. 河野水軍と仏教(20)(岩崎山法栄寺)
  15. 湯月城リサイクル作戦(25)(呑舟)
  16. 再び「笹ケ峠の合戦」へ(40)(管理人)
  17. 牛福通直と平岡氏(51)(呑舟)
  18. 今城伊豆守通興の子孫たち(17)(伊豆守直系子孫)
  19. 戒名は難しい・・・・(6)(呑舟)
  20. 河野家文書を見る(5)(呑舟)
スレッド一覧(全43)  他のスレッドを探す  スレッド作成 掲示板に戻る

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成