投稿数上限に達したので書き込みできません

  • [128]
  • Re: 三菱財閥祖岩崎弥太郎は大野直之のDNAを継ぐ!

  • 投稿者:呑舟
  • 投稿日:2012年 4月29日(日)10時53分57秒
 
NAOKO様

岩崎弥太郎(三菱創始者)の母、小野(大野)美和を「大野家大系図」に書き込もうとしましたら、
系図上混乱を起こしていますね。
美和の祖父、小野作吾を小野権蔵の子とするものと、小野直之の子とするものに系図により分かれていますね。
どちらが正しいのでしょうね。

史料が少なくて分りにくいのでしょうね。

検証のため時間軸で小野美和を中心に考えてみますと
彼女は1814年7/20日誕生(太陽暦だと9/3日誕生)とされます。
1827年に父小野慶蔵が死ぬと、貧乏だったのか後藤正応家に13歳で奉公に出されたとされます。
この後藤正応とは如何なる人物か分りませんか?
その後、美和が17歳になった1831年に弥太郎の父、弥次郎と結婚したとされます。
その4年後に弥太郎を生んだとしますから、その間、「水子」もありそうですね。

吾川村大野(小野)系図の方が時代的に一代、変ですね。

系図と云うものは得てして『有名人』は系図に取り込もうとするものですが、小野美和が岩崎弥太郎の母と
記していないのは外戚と思っていなかった人が後世系図に書き込まなかったのかとも思われます。

小野慶蔵とその父、祖父の情報を捜す必要がありそうですね。
この場合、「系図」よりも「過去帳」のほうが信頼性が高そうですね。両人の墓や菩提寺が分れば手がかりがでそうですね。

三菱財閥の総力を挙げて、創始者岩崎弥太郎のルーツ探しをした形跡はありますが、弥太郎の母方は小野慶蔵
までで終っています。まさか、戦国伊豫の風雲児、大津(大洲)城主大野直之に繋がるとは誰も想像しなかった
のでしょう。

この履歴情報を持っているのはNAOKO氏とその情報を受けた私ぐらいしか現代ではいないのでしょうね(笑い)

超有名人「岩崎弥太郎」関連でもこの程度です、歴史は忘却される運命かもしれませんね(はあ~)


スレッド一覧

  1. お知らせ(11)(管理人 今城)
  2. 平岡氏の家系(37)(KenKen)
  3. 道後 義安寺(10)(呑舟)
  4. 伊予黒川家と正岡家(81)(呑舟)
  5. 芸州 河野家末裔たち(54)(呑舟)
  6. 丸に九枚笹(4)(つくね)
  7. 言葉の歴史(ことのはのときのながれ)(2)(呑舟)
  8. 河野系図異同は通信以降に始まった?(15)(呑舟)
  9. 予州 大野家について(133)(呑舟)
  10. 水軍フェリー、風前の灯火(5)(maru阿弥)
  11. 海賊のお話(29)(呑舟)
  12. 越智家・河野家家紋を考える(29)(呑舟)
  13. 越智河野氏の出自や如何に?(134)(管理者)
  14. 河野水軍と仏教(20)(岩崎山法栄寺)
  15. 湯月城リサイクル作戦(25)(呑舟)
  16. 再び「笹ケ峠の合戦」へ(40)(管理人)
  17. 牛福通直と平岡氏(51)(呑舟)
  18. 今城伊豆守通興の子孫たち(17)(伊豆守直系子孫)
  19. 戒名は難しい・・・・(6)(呑舟)
  20. 河野家文書を見る(5)(呑舟)
スレッド一覧(全43)  他のスレッドを探す  スレッド作成 掲示板に戻る

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成